トップ画像
トップ画像
Pick Up
Pick Up
「臨時バス輸送高度化システム」についての記事が
毎日新聞(2018.04.20付) に掲載されました
「YNUナビ」についての記事が
日本経済新聞(2017.12.16付) に掲載されました
YNUナビ
公開のお知らせ
YNUナビ 公開のお知らせ
YNUナビアプリイメージ画像
「YNUナビ」は、国内初の一元的な路線バス運行情報表示機能」と「汎用のWeb地図ではカバーしていない道を含む、歩行経路案内機能」を備え、
横浜国立大学常盤台キャンパス内を含む周辺地域において、目的地までの移動に必要な情報が一つの地図上に表示されると共に、より正確な歩行経路情報を得ることができます。
>> ダウンロードページへ
YNUナビイメージ画像
「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」出展
■□ 2018.05.08-10
フォーラム当日写真

 横浜国立大学COIサテライトは、去る2018年5月8日から2018年5月10日までの3日間、福岡国際会議場ならびに福岡サンパレスで開催された、「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」に出展いたしました。
 本フォーラムは、ITS (Intelligent Transport Systems: 高度道路交通システム) 技術やサービスが、アジアのモビリティ社会の発展や新しい価値を生み出し進化継続していくことを目的に、日本で22年ぶりに開催されたもので、弊サテライトは、「臨時バス輸送高度化システムの開発」について、同実証実験でもご協力いただきました西日本鉄道株式会社様と共同で出展いたしました。
 当ブースにご来訪いただきました、多くの皆様に感謝申し上げます。弊サテライトは、今後も研究開発成果をより多くご紹介できるよう努めてまいります。

>> インフォメーションページ
>> 配布資料はこちら

フォーラム当日写真
【プレスリリース】臨時バス輸送高度化システムの開発
- ホークス公式戦で実証.運行状況の可視化で安定的な運行管理 -
■□ 2018.03.07
実証実験当日写真

 横浜国立大学COIサテライトは、モバイルデータ通信とGISによる動的な空間データ処理を活用して、バスのリアルタイムな運行状況を可視化する、臨時バス輸送高度化システムのプロトタイプを開発しました。これは、一般の経路検索アプリ等が扱っていなかった臨時バスの運行情報データを取得できる仕組みの構築です。また、システムの有効性を福岡 ヤフオク!ドーム来場者向けの臨時バス輸送で実際に運用して確認しました。
>>詳細ページ

実証実験当日
平成29年度横浜国立大学
COIサテライトシンポジウムを開催しました
■□ 2017.12.13
シンポジウム当日写真

 2017年12月13日、横浜国立大学COIサテライトは、横浜市情報文化センター情文ホールにて、「持続可能な未来都市を支える交通システムのイノベーション」と題し、共進化社会システム創成拠点における横浜国立大学の取り組みと成果の報告を中心に、同じ COI プログラムの下、「人がつながる“移動” イノベーション拠点」で、交通分野の研究を進める名古屋大学の取り組み(横浜国大とも連携)、および関連する他分野(エネルギー、情報基盤)の取り組み、また、ポートランド州立大学のアーロン・ゴルブ氏にもご登壇いただき、アメリカでのモビリティに関する実態などをご講演いただきました。
 年末も近い時期にもかかわらず、多くの皆様にご臨席いただき、感謝申し上げます。
(詳細につきましては、近日中にご報告いたします。)

シンポジウム当日写真
NEWS 2018.05.08 「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」に出展いたしました
2018.04.20 臨時バス輸送高度化システムについての記事が毎日新聞 に掲載されました
2018.04.16 YNUナビ実証実験の実施報告をトップページに掲載しました
2017.12.16 YNUナビについての記事が日本経済新聞に掲載されました
2017.11.27 YNUナビを公開しました > PAST NEWS

プライバシーポリシー