■□ 持続可能なモビリティシステム研究拠点では、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の1つである「11. 住み続けられるまちづくり」の達成に資する持続可能な交通システムを実現するため、
①交通手段の選択を支援する情報提供
②自家用車を代替し得る新たな交通手段
③交通の構成要素の空間デザイン
④交通インフラの機能保持と運用効率化
⑤交通対応型のデータ基盤
⑥TOD型まちづくりと公共交通計画
から構成される包括的な計画手法を構築し、実証実験に基づく手法の研鑽を通じて、新たな枠組みや事業としての社会実装につなげるための取り組みを行っています。 >> 詳しく
拠点概要図