COIサテライトYNU

「交通対応型プラットフォームに基づく都市のリデザイン拠点」

Languages : Japanese / English

横浜国立大学 COIサテライトシンポジウム2015 開催報告

去る3/3(火)、COI-横浜国立大学サテライトは、横浜市みなとみらい地区にございますロイヤルパークホテルにおきまして、COIサテライトシンポジウム2015を開催いたしました。 『“スマートでマルチモーダルなモビリティがつくる新しい都市空間”』というテーマのもと、年度末というご多忙の中、60名の方々にお集まりいただき、これまでの研究経過の発表する絶好の機会、また今後のプロジェクトにおける新たな連携や支援の可能性を発見する場となりました。 ご参加いただきました皆様には、改めまして感謝申し上げます。

是久 洋一 氏

※ 是久 洋一 氏

第1部では、ご来賓の是久 洋一様(九州大学COIプロジェクトリーダー)、ならびに住川 雅晴様(独立行政法人科学技術振興機構 産学基礎基盤推進部 COI事業 ビジョン3担当 ビジョナリーリーダー)からご挨拶をいただき、サテライトリーダーである中村 文彦教授(本学 都市イノベーション研究院)の基調講演と続きまして、COIプログラムの研究経過報告として、谷口 倫一郎教授(九州大学)から『都市OSが拓くスマートモビリティ』と題してご講演いただき、本学都市イノベーション研究院産学連携研究員の有吉亮・西岡隆暢・吉本憲生の3名からも『交通』『都市環境情報』『都市デザイン』の各分野で研究経過報告をさせていただきました。

※ 住川 雅晴 氏

第2部では、中村 文彦教授のファシリテートのもと、パネリストに谷口 倫一郎教授、都市イノベーション研究院の佐土原 聡教授・藤原 徹平准教授、さらに小嶋 一浩教授をコメンテーターとして、パネルディスカッションを行いました。 会場内からもご質問やご意見をいただき、急遽パネリスト以外の参加者にもコメントしていただくなど、有意義なプログラムとなりました。

※ 中村 文彦 教授