インフォメーション
『平成30年度横浜国立大学COIサテライトシンポジウム』参加報告
2018.12.12

 2018年12月12日、横浜国立大学COIサテライトは、横浜市情報文化センター情文ホールにて、
「持続可能な未来都市持続可能な都市を支えるモビリティ-自動運転と MaaS の時代を見据えて-」と題し、平成30年度横浜国立大学COIサテライトシンポジウムを開催いたしました。

 持続的共進化地域創成拠点において、交通部門を担う横浜国立大学COIサテライトの取り組みと成果の報告を中心に、同じ COI プログラムの下、「人がつながる“移動” イノベーション拠点」にて、交通分野の研究を進める名古屋大学の森川教授、赤木特任准教授の取り組み(横浜国大とも連携)、
および他分野連携として、持続的共進化地域創成拠点にて情報科学部門ご担当の九州大学・谷口教授、同拠点サテライトにてエネルギー部門ご担当の東京大学・松橋教授の取り組みをご講演いただきました。

 また、プログラム後半のパネルディスカッションでは、東京大学の原田教授、計量計画研究所の牧村理事にもご登壇いただき、各々から「交通まちづくり」「アメリカでのモビリティに関する実態」などをご講演いただきました。

 ご講演の詳細につきましては、下記資料をご覧ください。
 年末が近い時期にもかかわらず、多くの皆様にご臨席いただき、心より感謝申し上げます。
シンポジウム当日の様子


■各講演の資料は、下記からダウンロードいただけます。(プログラム順)

>> 持続可能な都市を支えるモビリティシステムの提案と実証:横浜国大 有吉特任准教授
>> モビリティブレンド?交通不便地における高齢者の移動を支援するサービス?
  :名古屋大 森川教授
>> ゆっくり自動運転の車両開発と実証実験:名古屋大 赤木特任准教授
>> まちの賑わい分析に向けて:九州大 谷口教授
>> エネルギーとモビリティの共進化:東京大 松橋教授
>> PD?公共交通とまちづくり:東京大 原田教授 (準備中)
>> PD?シェアリング・自動運転・MaaS:横浜国大 中村教授

⇒開催イベントの一覧に戻る

プライバシーポリシー