プレスリリース
【ANA×京急×横須賀市×YNU】Universal MaaSの社会実装に向けた連携開始について
プレスリリース、4者トップによる共同記者会見のご報告
2020.02.07



2020年2月7日(金)に全日本空輸株式会社様、京浜急行電鉄株式会社様、横須賀市様、本校横浜国立大学が
Universal MaaS~誰もが移動をあきらめない世界へ~と題して、その実現を目指し、
2020年度内の実装開始を目指して、連携が開始されました。

Universal MaaSとは、障がい者、高齢者や訪日外国人など、
何らかの理由で移動にためらいのあるお客さまが快適にストレスなく移動を楽しめる移動サービスです。
公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報をお客さまに提供するとともに、
お客さまのリアルタイムな位置情報やお客さまが必要とする介助の内容を交通事業者、
自治体、大学が共有し連携することにより、シームレスな移動体験を実現します。

2019年6月から産学官共同プロジェクトを開始し、羽田空港第2ターミナルから横須賀美術館までの移動について、
開発中の「お客さま用アプリ」、「サービス提供者用アプリ」を用いた実証実験を繰り返し、
車いすをご利用のお客さまと各サービス提供者双方の意見を反映したUniversal MaaSのプロトタイプを構築しました。



?全日本空輸株式会社様による関連HPはこちらからご覧ください。?




シンポジウム当日の様子
代表者

全日本空輸株式会社...代表取締役社長:平子裕志氏
京浜急行電鉄株式会社...取締役社長:原田一之氏
横須賀市...市長:上地克明氏
横浜国立大学...学長:長谷部勇一、副学長:中村文彦









PV「Universal MaaS~誰もが移動をあきらめない世界へ~」by ANA Global Channel











⇒開催イベントの一覧に戻る

プライバシーポリシー