【重要】本実験のサービス利用に関する注意事項

本実験の「カーシェアリング」サービスおよび「キャンパス内シャトル輸送(YNU シャトル)」サービスを利用される前に、以下の注意事項を必ずお読みください。

 本実験のカーシェアリングは予約制です。車両の返却が予定時刻より遅れると、次の時間枠で予約をしている実験参加者に多大なご迷惑をおかけすることになりますので、必ず時間に余裕をもって車両を返却するようにして下さい。返却予定時刻に遅れた場合、ペナルティとしてカーシェアリングの利用停止措置を取らせていただく場合があります。

 本実験に用いる車両は、横浜国立大学に在籍する学生および教職員が運転する場合に限り、事故を起こした際の相手側(対人、対物)の損害は無制限に補償されます。運転者自身や搭乗者の損害については、5,000 万円まで補償されます。

 大学の外(道路上)での事故の場合は、負傷者の救護や警察への通報などの事故対応を速やかに行ったうえ、必ず実験運営事務局に報告して下さい。大学構内(私有地)での事故の場合も、道路上での事故と同様に対応して下さい。また、当然のことながら、実験参加者は車両の運転者としての法規上の責任を負うことになります。

 本実験で用いる車両(日産リーフ)には、車両の動態管理のための車載機器(タブレット)が搭載されており、GPS による位置情報、運転者情報、急加減速の操作履歴などのデータを取得し、横浜国立大学内のサーバーに送信します。車載機器の操作は実験運営事務局側で行いますので、ご利用の際はお手を触れないようご注意ください

 本実験の参加登録者の個人情報やサービス利用履歴、実験用車両の車載機器によって取得された位置情報等の各種データは、本実験の運営および研究( COI プログラムおよび COI と連携する他のプロジェクトによる研究で、それらによる論文発表やプレスリリース等の活動を含む)のために使用します。本実験において得られた個人情報を含むデータを研究目的に用いる場合は、個人が特定されないよう統計的に処理します。